森すみれ(アーツ表現セラピスト/クリエイティブ・ガイド)

  阪神震災後のボランティアをきっかけにアートセラピーに取り組み、1998年より子どもや大人の自由創作スペース「ミューズハウス」を始める。2006年からは「アーツ・コミュニケーション・ラボ(研究所)」を立ち上げ、心理学、アーツセラピーに関する研究を続けながら、アーツセラピーの普及にも力を注ぐ。また、薬剤師としての経験から、お薬ばかりに頼らないで「Art as Medicine 薬の代替としてのアート」を用いて、健康に自分らしく生きるためのな生き方を提案。近年は絵画や造形だけでなく、声や音、身体を使った表現、メディテーションなども組み合わせ、アートセラピーに基礎を置きながらも、より創造性を高めて自分らしく生きることを導くクリエイティブ・ガイドとして、神戸を拠点に講座や気軽に体験できる1日のワークショップ、各地で宿泊型ワークショップなどを開催している。
ブログ:「アートな毎日」