インド古典音楽演奏会

〜ロマンティックな夜に〜

 

初夏の夜

ロマンティックな気分へと誘う

インド古典音楽会を開催させていただきます。

 

 

 

 今回は、"ロマンティック”なムードを醸し出す

夜のラーガの演奏をたっぷりとお楽しみいただく予定です。

 

ぜひ、

ご夫婦で、カップルで 

ロマンティックな気分に浸り

より一層の

深い愛を育んでいただく機会にしてください。

 

もちろん、お一人様でもOKです。

 

  

日 時:2022年6月4日(土) 18:30開場  19: 00スタート 間に休憩を取り、20時30分ごろ終了の予定です。

会 場:スペースMa (阪急 花隈駅東出口1分/JRor阪神元町駅西出口5分)アクセスはこちらから

参加費:ご予約 2,500円(当日3,000円) 

 

 

演奏者

Hiros 中川博志(バーンスリー)

 

1950年、山形県生れ。

1981年~1984年インドのベナレス・ヒンドゥー大学音楽学部楽理科に留学、インド音楽理論を研究。大学のかたわら、バーンスリー(横笛)、ヴォーカルを習う。後にハリプラサード・チャウラースィヤー氏、故マルハール・クルカルニにバーンスリーを師事。自身の内外での演奏活動の他、聲明グループ<七聲会>のプロデューサーとして国内外の舞台公演制作、アジアの音楽を中心としたコンサートの企画制作の活動を続けている。

訳書に『インド音楽序説』(東方出版、1994)がある。Amazonで電子版を発売中。

HP 「天楽企画」はこちらです:http://tengaku.perma.jp/index.html

 

藤澤バヤン(タブラー)

 

滋賀県在住のタブラ奏者。

東京のタブラ奏者ディネーシュ・チャンドラ氏との出会いを機にタブラをはじめ、後に渡印。

マタ・プラサード・ミシュラ氏にベナレススタイルのタブラを学ぶ。

 

北インド古典音楽の伴奏、様々なジャンルのアーティストとのコラボ活動を定期的に行う他、インド文化振興イベントの企画や音響なども手がける。

民族楽器コイズミ(京都)にてタブラ教室開講中。

 

 

<インドカフェsatarupa 臨時オープンいたします>

・ターリーのセット(要予約) 1000円(カレー2種、サブジ、パコラ、パパド、サラダ、ライス)

・ドリンク各種  (ビール、ワイン、チャイ、ジンジャーアップルなど)300円

・スナックセット(ドリンクとスナック) 500円


ご予約はこちら

メモ: * は入力必須項目です