アーツ表現セラピー 個人セッション

個人セッションではどのような事をするのでしょうか?

個人セッションでは、ご希望もお伺いしながら、クライアント様のテーマに添って必要な表現方法を

セラピストの方から提案させていただきます。

絵を描く

 クレヨン、パステル、水彩、色鉛筆その他・・・

貼り絵(コラージュ)をする

立体作品をつくる

 粘土、積み木、工作など・・・

詩を綴る

お話を作る

演じる

 

声をだす

音をだす

楽器を奏でる

 

からだを自由にうごかす

体の各部に触れてみる

いつもはやらないポーズをしてみる

 

などなど

表現には様々な方法があります。

 

こういった表現は、言葉でうまく言い表せない事を外に出すことが出来ます

自分の意識ではわかっていないことが作品や動きに表れます。

 

無意識の意識化、

自分の闇に光を当てる作業、

意識の願いを無意識に届ける

 

表現にはそんな力があります。

 

そんな特徴を生かして、人生をより幸せにしていくためのツールとして開発されたのが

アーツ表現セラピーです。 

 

悩みを抱えていらっしゃる方、問題を抱えてらっしゃる方に必ず伴うのは、不安や恐れです。

 

やりたくないことを無理に表現する必要はありませんが、

そのような、不安や恐れ

表現することで手放していく方法でもあります。

 

ですから、できないと決めつけず、失敗をおそれず、トライしてみてください。

 
セラピストの見守りとサポートのもと、
きっと、ご自身を自由に解放していくことができると思います。