アーツ表現セラピーについて


「アートセラピー」という言葉は、ぼちぼち普及し始めてきているようで、絵を描いたりしてセラピーをするもの

そんな認識で皆さんへ広がっていっているようです。

 

 

パステルで描く方法や、曼荼羅を描く方法、塗り絵を用いた方法など、

ある決まったやり方を提供して、その中で好きな色づかい、好きなものを表現していく

というアートセラピーをイメージされる方、

 

絵を描いて意味を分析するもの(以前はこちらをイメージされる方が多かったのですが、近年は上記のほうが増えてきている気がします。)と思っている方、

など、様々ですが

 

どれもアートセラピーの中の一部分で行う事ですが、

もともと、ヨーロッパやアメリカで始まったアートセラピーは、

もっと幅広い表現方法を提供するなかで

深い癒しと気づきをもたらす療法です。

 

さらには、

音楽セラピー、ダンスセラピー、ドラマセラピーと言った

他の表現方法を持ちいてセラピーする方法も、

アートセラピーと同様にアメリカやイギリスでは

20世紀前半ごろから発展してきました。

 

そして、70年代初めに

それらを統合して行う、表現アートセラピー(Expressive Therapy)は生まれました。


表現アートセラピー(Expressive Therapy)では、できあがった作品に対して、分析、解釈はしないという態度です。

クライアントは、今のそのままを味わい、語り、そこから別の表現へとつながっていく事もあります。非言語的なコミュニケーション、つながり感は癒しの体験となります。


一方で、

心理療法の発展とともに出てきた分析的アートセラピーはその名の通り、表現されたものの意味を解釈していくことで、

(セラピストが一方的に分析して意味を告げるのとは違います)

気づきをもたらし、治癒的に導くものです。

 

同じアートを用いたセラピーでもアプローチの方法が全く違います。


両方のスキルを取り入れた「アーツ表現セラピー」は

クライアントに合わせて、適切な方法を提供できるようにしています。


「表現アート」に関しては以下のリンクをご参照下さい。

 

表現アートセラピー研究所    http://www.hyogen-art.com

ieata  http://www.ieata.org

 

AATA