Art as Medicine(薬としてのアート)

病気になったら、お医者さんへ行く。

これは今の常識です。

お医者さんに行けば、たいていは症状を抑えるお薬をもらいます。


風邪をひいたときには、熱が出たり、咳が出たり、頭が痛くなったりしますので、

解熱剤、咳止め、頭痛薬が処方されます。

そして、それらのお薬を飲むと、

熱が下がったり、咳が止まったり、頭痛がおさまったりするので、薬は効果を発揮して、いいことのように思います。


しかし、ほんとうにそれで良いのでしょうか?

風邪をひいている状態は体力が落ちていますし、疲れが溜まっているので、

ゆっくりと休む事が一番必要な事です。

症状はそのサインとも考えられます。

あとは、体の中から、不要なものを出すの働きでもあります。


でも、薬が効いて熱が下がると、身体を休める事なく

いつものように仕事をしてしまう方も少なくないのでは?


そして、身体の中から、不要なものをせっかく出していることを止めてしまうので

風邪を長引かしたり、

症状が慢性化して別の病気になっていったりします。


症状が精神的んところから来ている場合は、

薬も効かなかったりします。


病は身体からのメッセージ、一つの表現です。


「症状がでているところ」

は、そこからうったえているんです。


気にかけてほしいという、身体からのメッセージを

もっと大切に受けとめていくことで

薬に頼らなくても改善していけたりします。


身体からのメッセージを

アートに置き換える事で

症状が緩和されたりすることもあります。


症状はひとつの表現であり、

言葉では語られない、深い思いの表現だったり、

他者へのアピールだったりします。


薬としての「アート」の可能性は無限大です。