シャーマンってなに?

シャーマンとは、ウィキペディア(Wikipedia)によりますと、

本来はツングース語のšaman (シャマン)。ロシア語のшаман (シャマーン) を経由し、各国語に広まった。英語ではshaman (シャマン、シャーマン、シェイマン)。

シャーマン - シャーマニズムにおいて、超自然的存在と直接接触・交流・交信する役割を主に担う役職。呪術者・巫・巫女・祈祷師・ムーダンなど。

トランス状態に入って超自然的存在(霊、神霊、精霊、死霊など)と交信する現象を起こすとされる職能・人物のことである。

 

かなり怪しい人ですね。

しかし、困った時にお願いをして、なんとかしてもらう人

と言うことでもあります。

 

個人から、コミュニティーまで、様々なお困りごとを解決してくれるのがシャーマン。

 

例えば、病気を治してもらうのも、シャーマンのところに行っていたので、

今で言う、お医者さんみたいな存在のシャーマンもいました。

体だけでなく、心の問題の解決なども含めて、今で言うカウンセラー、セラピストの役割もしていた人です。

 

そのほか、コミュニティーの問題も、お祭りなど、儀式的なことを行なって解決したり、

世界各国、いろんなシャーマンが存在します。

 

現代科学ではなく、超自然的な力を使って、お困りごとの解決をしていた人

と言うことでしょうか。

 

 

問題解決の道具はアート

 

そして、その道具として用いられていたのが主にアートです。

音や歌、ダンス、そして、色とりどりの衣装や装飾品、などなど

 

それぞれの地域における環境や文化に応じて、

用いられていたものは違いますが、

問題を解決する装置として、アートが持ちられていました。 

シャーマンの定義

「シャーマン的生き方をしょましょう!!」という提案は

本物のシャーマンになりましょう!!とのご提案ではありません。

 

シャーマンたちが使っている、エッセンスを日常に取り入れることで

日々の暮らしが豊かになり、

自分自身を信頼して生きれるようになります。

 

シャーマン的日常におけるシャーマンの定義です。

 

1、どんな場所、どんな状況においても、その場を信頼し、楽しみ尽くせる人。

 

2、人知を超えた自然の力、自分より大きな存在を信頼し、その力を使うことができる人。(宗教ではありません)